海外就職・求人 東南アジア就職情報 シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム アジアの求人情報 「海外で働く」の近道!



アジアdeオシゴトトップへ

マレーシア(KL=クアラルンプール)の外資系企業で働くSさん(女性・30代前半)
マレーシア(KL=クアラルンプール)の外資系企業で働くSさん(女性・30代前半)にメールで伺いました。

 
Q : 何故マレーシアで就職されましたか?

A : 短大卒でもワークパーミットがとれる、英語で経理の仕事ができる、治安も割りとよい、生活していける給料が稼げるなど、自分の求める条件が合ったからです。


Q : 入社した会社は日本企業ですか?

A : この国に来た当初の2年間日系企業で働き、その後転職し、現在は外資(英国系)です。

Q : 現在の仕事の内容について教えてください。

A : BPOで経理をしています。クライアントは外資系不動産会社の日本法人で、オーナーの皆様へ提出するレポートを作成します。
   
(注)BPOとは、ビジネスプロセスアウトソーシングの略で、業務プロセスの外部委託の事、またそれを運営する企業。


Q : (そのお仕事の)経験はありましたか?

A : 経理の経験はありましたが、BPOは初めてです。

 
Q : その前はどのような仕事をされていましたか?

A : マレーシアにある日系メーカーの経理部で日本へ提出するレポートを作成していました。
 日本での業務経験は、経理関係は経理担当者の補佐程度で、ほぼありませんでした。伝票の確認をしていた程度です。
 マレーシアに来る前は、営業・一般事務職でした。簿記2級はもっていますが、英語で経理の実務経験を積むためにマレーシアに来ました。

 
Q : 就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

A : 人材紹介会社に登録をして、2ヶ月です。
 転職期間中に、今働く外資系企業にたまたま希望の仕事がありました。

 
Q : 日系と外資系の仕事内容は異なりますが、マレーシアの2社でお仕事をされています。
 日系ならではの、外資系ならではの、異なる経験はございますか?一概に言えないとは思いますが、お気づきの点があればお教え下さい。

A : 日系:インターネットがフィルタリングされています。日本人の駐在員が多いので、日本人としての振る舞いを求められます。駐在員の方がごはんに連れて行って下さる事もあります。
 外資系:時間の融通がききます(上司によりますが)、フリーのお茶やお菓子が充実しています。就業規則でトレーニングを終えて一定期間内に退職すると罰金を支払うなどがあります。
 
 
Q : マレーシアで働く為に必要なのは何と思われますか?

A : 日本で日本人が働くのとは違います。外国ですので、就職活動時に意外と見落とされる・また軽く考えている人もいる、ビザが取れる資格。
 英語力。イスラム文化への理解。健康な体。
 あとは、日本で必要とされることとそれほど変わりないと思います。

 
Q : 現在どのような資格をお持ちですか?

A : 日商簿記2級、TOEIC 845点

 
Q : 過去に海外の経験はございますか?

A : 就業経験はないですが、3ヶ月の語学留学(英語を親戚がいるシカゴの語学学校で勉強)や旅行はあります。

 
Q : 休日はどう過ごしていますか?

A : 旅行、読書、友人と会う、ハイキング、買い物、ごろごろする、勉強などです。

 
Q : お住まいはどうされていますか(可能でしたら大まかなご予算もお教え下さい)?

A : コンドで一人暮らしです。RM1,800/month. (2014年3月現在約5万円強)元値はRM2,000でしたが、2年契約にして交渉し、安くしてもらいました。
 来馬した当初の初めての家探しは、同僚に聞いてよさそうだと思った物件を実際に見に行ったり、i property というサイトで希望の条件に合う物件を調べ、エージェントに問い合わせたりしました。

 
Q : マレーシアのどこか好きですか?嫌いですか?

A : 好き:常夏、フレンドリーな人、のんびり、自分も気にしなくてよい、親日、日本食が手に入りやすい、日本との時差が少ない、多民族、近隣諸国へ旅行がしやすい、言葉ができなくても理解しようとしてくれる、ポジティブな人が多い、国全体に活気がある、などです。
 嫌い:大気汚染(ヘイズ)、デング熱、仕事がいい加減、マナーの悪い人が多い、トイレが汚い、食べ物を無駄にする、時間を守らない、約束を守れない人が多い、 携帯ばかりいじっている、蟻が多い、まともな英語を話す人が少ない、効率が悪いことが多い、渋滞などです。

 
Q : これからマレーシアで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

A : とにかく一度マレーシアへ来てみて下さい。
 と言いますのも、マレーシアに限らず、実際に生活する場所がどのようなところか知らなければ、その国に来てから大変な思いをすることになると思います。
 たいていの場合、外国で働いてみたいと思う人は、海外によいイメージをもって期待していますから、現実を知っておいたほうがいいのではないでしょうか。例えば、マレーシアに電車があると思ってきてみたら実際はKLの一部だけしか走っていない、物価が安いと聞いていたが物によっては日本より高いなど。
 
 
 就職を考えている人は、一度マレーシアに来てみて、生活者の目でどういうところかを知って下さいとおっしゃるSさん。
 現在は会社が電車(LRT)沿線にある為、電車通勤。前の会社で働いていた時には、購入した自家用車で通勤。車の所有は、月でレンタルしている日本人も多いとの情報をいただきました。クアラルンプールでの就職には、足(交通手段)をどうするかも考慮に入れないといけない項目のひとつの様です。

 海外就職する時は、シンガポールも検討に入れていたそう。3年はマレーシア、次の国は検討中ですと。駐在員の待遇は得てみたいものの、自分の住みたい国で仕事が見つかり生活していければとのお考えとの事。
 フットワークが軽いSさん、数年後はどちらの国にいらっしゃるのでしょうか。
 インタビューからは、どんな職場でも物おじしない積極性と明るさを感じました。

 
(インタビュー:‘14年3月)

 
取材協力:桜リクルート社マレーシア
 







求人投稿ログイン求人掲載広告掲載運営会社・お問い合わせ当サイトへのリンク
asiadeoshigoto.com Heartlink Communications Pte Ltd / Pithecan Pte Ltd